2006年11月12日

「骨は、キレイに折れると治ったあとの方が丈夫になる」

・・・と、どこかで誰かになんかで聞いた事があるような無いような。

 例のサンキューイルミネーションのスイッチ回りの配線に問題があったようで、ETCを巻きこんで作動しなくなってしまいました。 電装系に詳しいちびすけさんに相談しながら原因追求と修復を進めています。

シロートの回路図:3switch.xls

 いやー、職場が秋葉原に近いと部品の調達が便利だー!
 素人+αの僕ですが、なんとか機能自体は復旧しました。

 さらに、スイッチの位置を替えてみました。
 今までキーの脇の純正サービススイッチに付けていたのですが、運転中に右手(利き腕)でスイッチをまさぐって、というのがイヤになってきたので、視界内で、左手の届く、エアコン吹き出し口の上に移設です。

3switch穴.jpg
 ↑穴あけにはハンダごてです。 実は一番右の穴は、マヌケな事にパネル取り付け用のツメと若干干渉してしまいましたが。

3switch.jpg
 左から、サンキューイルミELパネル左側
     サンキューイルミELパネル後ろ
     赤いのがETC
     のスイッチです。スイッチの位置はいい感じです。

通電確認用に光るスイッチにしたんですが、なぜかスイッチが光らない・・・。
 これはもうちょい勉強してなんとかします!

midoriji.jpg
↑ちなみに、以前ご紹介したタイプのELパネル。
 紙を切りぬいて作った、黒ベースにグリーン文字(フォントはもちろん☆ぶぅ☆さん原作です!)のバージョンを左サイドウインドウに・・・。

kuromoji.jpg
↑こちらはその反転バージョンで緑ベースに黒い文字。これはハッチバック、正確にはリアシートヘッドレストの後ろ側に設置。
 透明なシートに油性ペンで手書きしただけです。こちらの方が作るのはラク。


 ただ、なぜか同時に点灯した時にまだヒューズが飛んだりするので、2枚のELパネルの電源も分けた方がいいのだろうか? とりあえず、両方を同じに点灯する事はなさそうなので、スイッチをON-OFF-ONのトグルタイプにでもしようかな?
on-off-on.jpg
どうせ今ついてるスイッチは光らないし! (←スネてます)


posted by フコイダン at 00:44| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 快適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直ったみたいで良かったですね。
分からない時は面倒ですが一度元に戻すのが一番早かったりしますね(笑)
それとブログに嘘を書いてはいけません。
自分は電気には+と−があって、+から−に流れると言う事しか知らないっすよ(^_^;
Posted by ちびすけ at 2006年11月15日 01:18
今回、ちびすけさんとエーモン工業製品にだいぶ助けられました。
無料のエーモン電装ガイドブック、頼んじゃいました。

あ、あとスイッチはアキバで「安いから」と間違って買った100V用だったために、車の12Vでは光らないというマヌケな事実を確認しました。

ELパネルもシガソケと同容量15Aで、飛んでもそんなに困らないDEFOGから取り直し、また、念のためですが、2枚同時点灯しないようにON-OFF-ONのトグルスイッチに変更予定です。

理想通り完成したら、またアップします!
Posted by フコイダン at 2006年11月15日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27239834

この記事へのトラックバック

「お前か、コラー!」
Excerpt: ELパネルにヒューズを飛ばされる事、約5本・・・。 やっと解決しました。 同じ「EL-AD」を使われている方、要注意ですので是非この記事をご一読下さい。 どこかでショートしているだろうと調べてい..
Weblog: 哲学的クルマいじり論
Tracked: 2006-11-18 15:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。