2006年10月09日

横浜オフミーティング 後編

さて、ここで中締めが入りましてご家族連れのじゅんパパさんとこれからUSJへ向かわれる相撲ナンバーさん、長距離の帰途を残すズッキーさんはお別れとなりました。


が、こんな天気のいい日にクルマと工具としゃべり相手がいたら、僕は何かしたくなってしまうわけでして。

しかも☆ぶぅ☆さんになかなかマニアックなアイテムを頂きまして、クルマいじりの虫が「ざわ・・・ざわ・・・」とカイジ風に騒ぎ出す訳です。

青汁.jpg
↑これが☆ぶぅ☆さんに頂いた、レガシィ乗り御用達の接点復活剤「projectQ」通称「青汁」です。
電装系のトラブル対策によく用いられるようですね。

39イルミ.jpg
↑さらに本家のサンキューLEDプレート!
既にスイッチを間に組み入れたり取付用に穴を開けたりとバージョンアップ済みです。
日没が早まる今の時期ですが、これがあると「早く太陽沈め〜」と思ってしまいますよ。

その他にも☆ぶぅ☆さんからはいろいろ独創性にあふれるアイテムをじゃんけん争奪企画にご提供頂きました。 はい、もらった方はココへのコメントで公開謝辞をお願いしますよ〜。



そして、けんぼーさんからはワイドトレッドスペーサーのサイズチェックをしたいという事で、僕が現物を持って来ておりまして、さっさかさーっとジャッキアップして装着チェックです。

そしてその結果、判明した事は!・・・・

@フェンダーモールを付ければ20mmを入れてもハミ出しはしていない。(ギリギリのツラツラ)
Aでも、バンプした時にフェンダーにタイヤショルダーがヒットする率高し!(ダウンサスなので)
Bそしてこのヒットの位置だと、タイヤが裂けるようなダメージの危険性!!
Cかといって15mmのワイドトレッドスペーサーだと、車体側ハブボルトが余り、けんぼーさんのホイール側(エクスカリバー?)にそれを避けるだけの逃げスペースが無い。

Dつまり、慌てて買わなくて良かった!という事。


なので、考えられる対策としては・・・・

a.フェンダーのヒットしそうな部分を切り落とす!(←危険)
b.ハの字キャンバーをつける?(肩減り必至!&上は避けられても前はやっぱりヒット)
c.ホイールの逃げスペースを削って増やして15mmをチョイスする。
d.全然ストロークしないカターイ足を組む。

などでしょうか?


この議論をしている時にれいコロ旦那さんがとっても詳しくて、非常に参考になりました。
僕だけだったら、「うん、ハミ出てない。OKじゃないですか?」と返事してたと思います。
危ない危ない。

と、言う事でとりあえずハブボルトの限界?の8mmスペーサーでガマンガマンです。

作業が終わったら、早速かおさんプレゼントのハンドクリーナーでお手々ふきふきです。



はい、長くなってきましたので以降は完結編へ続けます。
posted by フコイダン at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。