2010年06月13日

DCP350-C

ブラザーの「DCP350-C」というプリンタを半年〜1年ほど使っています。

だいぶ我慢しながら使っています。

最も困るポイントは「前面給紙」というシステム。

買うときは「お、前面給紙ならスペース少なくて済むじゃん。」と思っていたのですが、これが大間違い。

スペースより深刻な問題が発生しました・・・。


前面給紙というシステム上、紙が180度ターンして出てくる必要があります。

そのために厚過ぎる紙やラベル用紙のように剥がれる紙は使用できません。


メーカーが推奨する限界厚みの許容範囲内の厚みでも、頻繁に紙詰まりを起こします。(メーカー純正紙でも紙詰まりするってどういう事?)

写真用紙を何枚も食いつぶされ、年賀状はがきも同様に食いつぶされ、また裏面にローラー痕もつけられ、だいぶ精神を消耗しながら使っています。

年末に年賀はがきを買い足してきて、帰ってきたらインクが切れた時は、「前もって言わんかい!」と叩き壊したくなりました・・・。




シンプルでいいから、紙を選ぶのに気を遣わないで済む機種に変えたい・・・。

posted by フコイダン at 20:43| 🌁| Comment(2) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリンター選びは、本当に難しいです!


またエプソンのを買ったけど
インクの消耗が速すぎて…!?
Posted by giggler夫婦 at 2010年06月28日 17:36
「スペースが少なくて済む」と思って、前面給紙タイプのこのモデルにしたのですが、これが失敗・・・。

ハガキや写真用紙のような厚みのある紙は曲がる、もしくはローラー痕が残る。

ラベル用紙に至っては「紙詰まりの原因となるため使用不可」です。

事前調査って大事・・・。

Posted by フコイダン at 2010年07月05日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。