2008年11月23日

タックルご紹介

別に見たくないとは思いますが、タックルがほぼ完成しました。

適当な振り出しバスロッド(特価品)に小型のスピニングリールつけてPEラインを50mも巻けば基本タックルは完成。

ロッドが長すぎて使いにくかったのでガイド1つ分をペンチで折り切りましたが、何か問題でも?


DSC04601.JPG

タックルBOXはこれだけです。
セリアで買った2つ折タイプなので、大きめのポケットなら収まります。

ブラックバスやシーバスをやってた頃に比べると、異様に少ないですね。
これだからお金がかからないんです。


下段は5徳ツールセットとラジオペンチと温度計。

DSC04602.JPG


5徳ツール・・・ハサミ以外はあまり使わないですね・・・。
ま、小さくてでジャマにもならないので。

ラジオペンチ・・・魚からルアーを外すために必需品です。
フックの返しをつぶしてバーブレス仕様にするのにも使います。
100均ものでいいので、ぜひ常備を。

温度計・・・水温チェックに使います。100均ものでOK。
意外と気温と差があるので、実測してデータ収集してます。



上段はぎょぎょライト・スナップ・ナスオモリ・予備のルアー1個だけです。

DSC04603.JPG



ぎょぎょライト・・・夜釣りの必需品。ルアーの位置や動き、アタリを見られます。
ケミホタルでもいいんですが、ぎょぎょライトはラインに接続するパーツがC型の断面をしており、横からパチンとつけられるので便利です。


DSC04609.JPG


スナップ・・・そんなにルアーを交換することもないんですが、一応つけてます。


ナスオモリ・・・糸ヨレ解消のために、たまにキャストします。
川底の形状チェックにも使えますが、トップの釣りが基本なのでチェックする必要があまりありません。

予備のルアー・・・一応、定番のジッターバグです。メインのルアーがよく釣れるので、気が向いた時しか使いません。
状況に合わせて交換するというより、本当に「予備」です。


ライン・・・船釣り用PE3号です。

DSC04604.JPG

PEは感度もよく、根がかりしたルアーを力ずくで取り戻してくれる強い味方です。
ルアーを何個も買うより、PEラインに投資しました。・・・980円の特価品ですけどね。

ラインが1m・10mごとに色分けしてあり、ルアーの飛距離を測るのに便利です。
え?・・・「派手な色だと魚に警戒されないか」って?

大丈夫です。 相手は視力が弱いナマズで、おまけに夜釣りです。
むしろ、自分が持ったり結んだりする時に見やすくて便利です。

ルアー・・・ノイジー系ならなんでもいけると思います。
カラーパターンは・・・どうせナマズには見えないので、お好みで。


この他・・・懐中電灯・手袋

たまに欲しいなぁ、と思うもの・・・メジャー・長靴


何せよく釣れるので、よほど大物が釣れた時しか計測&撮影する気になりません。


ちなみに本日も小1時間で12回バイト・5バラシ・1捕獲(約50cm)。

DSC04619.JPG

・・・フッキング率悪いなぁ!
posted by フコイダン at 02:27| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小1時間で、1匹なら良いんじゃないですか?(私的に)



坊主が 多かったので…

ハイ!
ヘボPです!!
Posted by giggler夫婦 at 2008年11月23日 21:08
アボガースト社の「ジッターバグ」はナマズには必須と言うほどの定番ルアーなんですが、どうやらフックについては遊びが少なくて、フッキング率が悪いみたいです。

リングを間に入れて遊びを増やすチューニングを施しました。

さあ! また釣りに行かねば・・・。
Posted by フコイダン at 2008年11月26日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110057396

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。