2008年07月19日

今になってそう言うか?

何がなんだか・・・

<BSE>「検査済み安全」PR表示ダメ 牛肉で公取委判断


牛肉に「BSE検査済み」と表示する事は、公取から見ると「検査済み牛肉の方が安全だと思わせる表示は、商品が実際よりも優れていると不当に誘導する『優良誤認』に当たり違法」だそうです。


検査済み」のみの表示は「消費者の受け取り方次第なので即断できない」(公取委消費者取引課)


ホントにそう思ってるんでしょうか?
検査したやつと検査してないやつで安全性が同等」と思う一般消費者がいると?


くっだらない・・・。


百歩譲って検査の意義が人それぞれだったとしたら、BSE検査って何のためにやってることなの? (まぁ、実際検出率については疑問視されていますが)


何より、そんな屈辱的な回答(「あんたらのやってた検査は、安全性に対して意味をなさない」by公取)を出されて黙ってる農水省!
信じて従ってきた生産者と検査機関にスジ通すためにも「いや、意味あるよ!」って反論できないの?
そんな科学的根拠の乏しい検査で消費者と生産者におためごかしをしてきたの?


生産者団体が「じゃあ、お金払って検査してもその安全性をアピールすることが許されないなら、やらなくても同じじゃん。」と一斉にBSE検査をやめちゃいませんかね?


それって消費者が望むことなんでしょうか?
posted by フコイダン at 21:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。