2011年07月17日

策が不足しています

セシウム汚染牛肉を食べてどうなるかの議論はさておいて、畜産関係者の立場から・・・


福島県産だけを出荷制限したって、汚染の流通は止まらないですよ。


北海道で生まれて、
岩手の農場で粗飼料を与えられて、
長野の子牛市場に出荷されて、
岐阜の農場で濃厚飼料で肥育、
最長肥育地がその岐阜だった場合は、「岐阜県産牛」です。
認定基準を満たした和牛だったら「飛騨牛」です。

牛の「産地」だけでは引越しの履歴は絞り込みきれないです。

じゃあ、せっかく牛はトレーサビリティが出来るんだから、
「福島県にいた事がある牛」を調べて排除すればいいのか?

確かに、牛の移動履歴は個体識別番号で調べれば分かります。
これは牛トレーサビリティシステムの素晴らしい所。

ただ、牛トレーサビリティ対象外のものもあります。
内臓・スジ・ミンチ用端材・ミンチ用脂肪など。

そして何より・・・
エサの移動は追跡がほとんど不可能です。
福島県産のエサでも、もし「国産配合飼料」になって飼料メーカー経由で九州に行ってたりしたら、それはまた同等のリスクがある訳です。


残念ながら、輸入肉を選ぶしかないと思います。
牛肉自給率が低い事が幸いです。


ただ、冒頭にも述べましたがセシウム汚染牛肉を食べてどうなるかの議論はさておいて、畜産関係者の立場から・・・でした。

posted by フコイダン at 19:41| 愛知 ☀| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。